クラブ概要

下部組織が「U-20」から「Bloom(ブルーム)」にかわります!
PrimaveraTOKYO Bloom(プリマヴェーラ東京ブルーム)
今までU-20として活動しておりました下部組織が、この夏、学生運営団体に変わります。
従来通りコーチングスタッフはトップチームの選手が担当しますが、練習の予定やメニュー、
さらには運営や企画までを学生が努めます。

プリマヴェーラ東京として、若い年代から運営や企画に携わることで、将来社会に出たときに必ず役に立つことだと
信じております。その経験の一端として、このような組織にする事となりました。


大学生でいうサークル感覚に近いですが、飲み会などのオールラウンドサークルではなく、
フットサルを中心とし自分たちが成長出来る組織を目指しております。
縦のつながりはもちろんのこと、他大学、他高校との仲間とのつながりを意識した横の関係づくりの構築も、
人間の幅を広げる意味では必要だと考えております。

さらに今まではU-20として、20歳以下の選手に限定しておりましたが、大学卒業までを一つの目安とし、
学生にもっとフットサルを楽しんでもらおうと思っております。

チーム名も学生のサークルイメージに近づけるため、
U-20から、PrimaveraTOKYO Bloom(プリマヴェーラ東京ブルーム)に変わります。
Bloomとは「花」という意味で、いつか大きな花を咲かせて欲しいという願望が含まれております。
選手一人一人という一輪の花から、
チームとしてまとまり、大きな花束となれるよう、全力で前進いたします。
ブルーム(学生団体)
キャプテン 星野真之介
副キャプテン 庄司達也
ホームタウン(主な活動場所)
東京都世田谷区
チームカラー
ホワイト、ライトブルー
ページのトップへ